絶対に忘れない、究極の暗記術

更新日:2月16日

「勉強とは、何でしょうか?」


今日は、定義しますね!

🌟勉強=暗記

🌟暗記=繰り返し


だから勉強とは、

🌟勉強=やり方や答えを覚えること


です^_^

では、覚えるためにはどうすればいいのか?

はい!

覚えるためには、

「早く」「何度も繰り返し読むこと」

そして、「覚えたものを忘れない」ことが大切です。

人は、覚えたものを1時間で56%忘れ、

1日で74%忘れてしまう生き物です。


だから、忘れるのが普通です!笑


ですから今日は、覚えたものを絶対に忘れない

究極の暗記術についてお伝えしますね。


まず、下記3点を理解しましょう。

🌟記憶力=「短い時間」×「回数」×「勉強量」

 =素早く、繰り返し、覚え込むこと!

🌟記憶は、「覚えたものを思い出した回数」

 によって定着する!

🌟「問題を見る」→「答えが思い出せる」なら、

 その問題は定着している!


🌟🌟🌟🌟🌟🌟




《絶対に忘れない、究極の暗記術3カ条》


1.ノートはいっさいとらない


ノートに書こうとするとき、

人はきれいにまとめることを優先しがち。


しかし、まとめることが目的になってしまうと、

知識はまったく自分のものになりません。


ノートをとらないかわりにすべきことがあります。

それは、書くのではなく、

「思い出す」というアウトプット

そちらの方が、記憶には定着します^_^

2.寝る直前をピークにして暗記する

夜寝る前が、暗記のゴールデンタイム。

寝る30分前をピークに、そこで一気に覚えましょう。

この時間帯に暗記ものを集中的にこなし、

その後、その日にやったことを5分間で整理して寝る。

すると、寝ている間に勝手に記憶が脳に定着します^_^

本当です。

3.起きたらすぐ昨日の続きをする


夜寝る前、暗記をする。

そして、翌朝起きたら、まずは前日の復習。


寝ている間に定着した記憶も、

復習で「思い出す」ことをすれば

さらに定着は高まります。


🌟🌟🌟🌟🌟🌟




覚えるには、たったこれだけ^_^


テストで出るところを勉強すれば、

「忘れなければ100点とれます」




受験が大好きな

JUKEN CAMP

和田一真